アパレルショップにおいて物流は欠かせない存在で、保管や荷役・流通加工などのさまざまな機能が含まれています。各業界において商品をどう運ぶのかがポイントで、例えば食品業界においては食品を専門に扱う業者があり、医療業界では医療品に特化した業者もあり、各業界にはその業界の種類に応じた業者を利用することが可能です。アパレルの場合、季節やその時々の流行に影響されやすいので、タイミングが重要になってきます。保管方法や気温によってもアイテムの品質が変わってしまう可能性があるので、アイテム管理に関する知識や環境も必要になってくるでしょう。アイテムの品質を落ちてしまったり、納期に間に合わなかったら、ブランドのイメージを落としたり信用も落とすことになるので、細心の注意が必要なので、特化した業者が求められます。

気温や湿度に配慮した環境を提供しています

アパレルに特化した物流において保管は重要で、湿度や気温に影響を受けやすいアイテムに適した環境を完備する必要があります。天候に左右されなかったり、さまざまなアイテムを保管できるスペースを確保する能力が必要です。アイテムの品質が低下しないようハンガーラックで保管したり、アクセサリーや帽子など細かなアイテムを個別に保管したり、保管できるような小さな棚を設けているような環境も要ります。ネームやタグの付け替えや、不良商品の補修などの加工を施す業者もあり、汚れを見つけたり不良品を区別したり、ホッチキスなどの混入物がないかを見分けるような検針や検品を行うことも可能です。ワンストップでさまざまなサービスを提供している業者もたくさんあり、業界において活躍しています。

インターネットを利用したオンラインショップでの活用

近年アパレルショップの多くはインターネットを利用したオンラインショップも運営しており、実店舗が存在せずにインターネットのショップだけで運営している企業もあります。実店舗はもとよりオンラインショップをスムーズに運営するために、安定した物流システムが必要です。市販の専用ソフトを使ったシステムを導入したり、通販そのものをアウトソーシングする方法があります。アウトソーシングすると、いろいろな作業にかかる時間や余計な手間を省くことが可能です。アイテムの販売や企画に集中することができるので、アウトソーシングを利用している企業が多くあり、物流に関わるワンストップサービスの一貫で、カタログ作成やインターネットでの広告やSEO対策なども行っている企業もあります。