今物流には大きな変化が起こっています。かつて物流業界で荷物を分類し振り分ける作業にはリストが必需品でした。数を間違えたり宛先を間違えることによるトラブルも付き物で、スキルが求められるため新人がすぐに出来る作業ではありませんでした。ところが近年この商品の振り分けがデジタル化されてきています。デジタルアソートシステムと呼ばれているもので、振り分け作業を容易にして、新人であっても間違えることなく進められるため効率アップが期待でき、人件費削減にもつながります。単純ミスを防げることから顧客からの信用を上げることも出来ます。医療の現場でも導入され、薬の出し間違いを防ぐのに役立っています。アパレル業界にも広く普及しており、商品は全て電子的に管理され、物の流れのすべての工程を一括で管理把握できるため効率化が図れます。

アパレル業界の仕分け作業の革命

アパレル業界では同じ商品でもサイズの違いやカラーバリエーションなど管理すべき項目が多岐に亘ります。これらを人間が完璧には把握して仕分けするには時間もかかり、ミスすれば信用問題に発展しかねません。デジタルアソートシステムはこの難題をクリアできる非常に画期的なシステムです。仕分け棚にデジタル表示機を設置し、それに示された数だけ商品を配っていくだけなのでミスを大幅に減らすことが出来ます。無線で次々に指示を飛ばせるハンディターミナルを活用すればさらに効率化出来ます。数を表示する仕分け棚の位置を調整することで、あちらこちらに動き回らずともまとまったエリアだけで仕分けすることも可能です。動線を短縮化すれば作業効率もあげられ、作業の標準化により誰にでも行えるというメリットも生まれます。

失敗のない業者選びの方法とは?

アパレル業界にとって商品の検品は非常に重要な問題です。人件費の安い海外の工場で作った製品に針などが残っているまま消費者の手にわたれば一気に信用はガタ落ちです。検品をしっかり行ってくれる業者を選ぶことは非常に大切です。以前は在庫管理と発送業務は分けて委託していたケースもよく見られました。しかし在庫管理から発注まで一括で行ってもらえる方がずっと効率化できコストも抑えることが出来ます。商品を全て電子的に管理し、全行程を一元管理出来ればサービスの効率化も図れ、予測しないトラブルが起こった時も迅速に対応が図れます。最も大切な発注業務を任せるのに不安のある方もいらっしゃるでしょうが、現在物流業界は画期的な進歩をとげており、優秀な技術を持った信頼できる物流管理会社も多く出てきています。